対応ファイルと入力方法

対応ファイル

m4v,mp4,mov(mpeg4/h264コーディックのみ)

(注)iTunes Store で入手した「ムービー」「テレビ番組」「ミュージックビデオ」の映像はたとえ無料であってもDRMで著作権保護されている場合があります。DRMで保護された映像は「T.T.Video」で再生することはできません。

 

映像ファイルの入力方法

1.iPhoneのカメラで撮影

「カメラ」アプリで撮影し、「カメラロール」に保存された映像は、自動的にTouchTheVideoのContentsリストの「カメラロール」欄に表示されます。

(注)「カメラロール」の映像がTouchTheVideoに表示されない場合は以下のエントリーをご覧ください。

2.デジタルカメラで撮影

iPadならApple製のオプションケーブル「Apple iPad Camera Connection Kit」/「Lightning – USBカメラアダプタ」をデジタルカメラに接続することによって、標準の「写真」アプリからiPadにデジタルカメラで撮影した映像を取り込むことができます。「写真」アプリの「イベント」に取り込まれた映像は、自動的にTouchTheVideoのContentsリストの「カメラロール/イベント」欄に表示されます。

(注)デジタルカメラの映像記録方式をMP4などのiPadで再生可能な形式に設定して撮影する必要があります。

(注)「イベント」の映像がTouchTheVideoに表示されない場合は以下のエントリーをご覧ください。

3.パソコンにある映像ファイルをiTunesからコピーする

パソコンにiPhoneに対応した映像ファイルをお持ちの場合、iTunes経由でTouchTheVideoにコピーすることができます。

  • パソコンのiTunesを起動する。

  • TouchTheVideoがインストールされたiPhone/iPadをUSB接続する。(iOS5でWiFi経由の同期を設定している場合はUSB接続不要です。)

  • iTunesのデバイス欄(左側)に表示されるiPhone/iPadを選択

  • 「App」(上部)タブを選択

  • 下部にスクロールして「ファイル共有」の「App」リスト内の「TouchTheVideo」を選択

  • 「App」リストの右側が「TouchTheVideoの書類」になります。

  • この欄の「追加…」ボタンでファイルを選択するか、この欄に直接ファイルをドラッグ&ドロップすることで、TouchTheVideoに取り込むことができます。

詳細はこちらをご覧ください。

4.他のアプリの映像ファイルをTouchTheVideoで開く

この場合2つの方法があります。

4-1.「他のアプリで開く」機能がある場合

「メール」・「Dropbox」などのiPhone/iPadアプリケーションは、特定のファイルを「他のアプリで開く」機能をサポートしています。ファイルの拡張子がm4v,mp4,movの場合、「他のアプリで開く」のリストに「TouchTheVideo」(または「T.T.Video」)が表示されます。ここで「TouchTheVideo」を選択することで、TouchTheVideoに映像が取り込まれ、再生することができます。

4-2.「写真ライブラリへ保存」機能がある場合

「Dropbox」などのiPhone/iPadアプリケーションは、映像ファイルを「写真ライブラリへ保存」する機能を持っています。保存された映像は「写真」アプリの「カメラロール」に保存され、この映像は1.のiPhone/iPadで撮影した映像と同様、TouchTheVideoで再生することができます。

5.iTunesのPodcastやiTunes U のライブラリーのビデオを同期する(iOS 5.0以上限定)

標準の「ビデオ」アプリと同様、iTunesで同期した『Podcast」「iTunes U」「ムービー」「テレビ番組」のビデオは「Touch The Video」に表示され、再生できます。

詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー: 概要, TouchTheVideo   パーマリンク