画面の拡大と静止画保存

画面の拡大

ビデオの表示画面(タッチコントロールエリア)を2本指で広げたり、縮めたり、移動すると、再生映像の拡大・縮小・スクロールができます。

縦画面メニューON時のタッチコントロールエリア

横画面メニューOFF時のタッチコントロールエリア

元のサイズに戻す

元のサイズに戻したい場合は、2本指で同時にタッチコントロールエリアをタップします。元のサイズとポジションに戻ります。

(拡大していない状態で、2本指タップすると、2倍拡大表示になります。)

静止画保存

ポーズ中はメニューの上部に、カメラのアイコンが表示されます。

このアイコンをタップすると、その時表示しているフレームを写真としてカメラロールに保存できます。

拡大表示している場合は、表示部分をクリップして保存します。

カメラロールに保存されたjpegファイル

カメラロールに保存されたjpegファイル

[注]

iOS4では静止画保存は使えません。

カメラロールに写真を保存するときに、以下の設定が必要です。

  • (iOS6以降)「設定」アプリ>プライバシー>写真>T.T.VideoをONにしてください。
  • (iOS5以前)「設定」アプリ>位置情報サービス>T.T.VideoをONにしてください。(iOS5以前では、カメラロールへのアクセス権と位置情報のアクセス権が同一設定になっています。)
カテゴリー: プレーヤーの操作, TouchTheVideo   パーマリンク